インフォメーション

2014-11-10 21:06:00

人を飽きさせない絶妙なトークで人気の朝川兼行先生の参加するだけでハッピーになれる

楽しい講演会『脳と意識と香りの栄養学』鹿児島講演のご案内です。

 

 

『脳と意識と香りの栄養学』

人間の脳のしくみを知って、人間関係に役立つテクニックや、

人の心や身体の働きに関係する栄養素について

楽しい実演を通して学ぶ参加体験型講演です!!

2014年11月28日(金)19時~21時(受付18時30分~)

かごしま県民交流センター 東棟3階 小研1

参加費 2000円

申し込み アスターアート上村まで 090-97999-6828

nonchangel@me.com

 

 

講師プロフィール 朝川兼行 公式ホームページより http://asakawa-lab.jp/

マクロビオティックとの出会いから食養学への道に進み、実践体験を通じて東洋医学・現代医学・分子矯正医学等を学んで参りました。近年は、生命エネルギーの研究に入るかたわら、人間はいかに生かされ生きるべきかを追求。常に、新しい予防医学を目指しております。

1993年、ロシアウクライナ科学アカデミー招聘によりチェルノブイリ被害者救済プロジェクトに参加。栄養療法、波動、フィジカルサイコロジーの研究等、新しい予防医学の発展のために追究は尽きません。

現在は全国各地を、年間200回以上の講演活動に勤め、予防医学の啓蒙のために活動し続けております。

ミネラル、酵素栄養学を主体とした栄養指導だけではなく、生き方、思考分野にまで話は広がり、栄養学・心理学・物理学を融合させた、ユニークでエネルギッシュ、楽しく温かい講演は、常に熱烈なファンに囲まれ、好評を博しています。

2008年 ライナス・ポーリング賞受賞

朝川兼行の栄養学の研究並びに啓蒙活動・教育活動が評価され、
2008年にライナス・ポーリング賞を受賞いたしました。

ライナス・カール・ポーリング(Linus Carl Pauling, 1901年~1994年)は、「分子生物学の父」と称される、アメリカの生化学者、量子化学者です。予防医学の先駆者であり、ビタミンの研究並びに 分子矯正医学の基礎を築いたことで知られています。また、後年は核実験反対などの平和活動に取り込んだことでも有名で、1954年にノーベル化学賞、1963年にノーベル平和賞を受賞しました。

ライナス・ポーリング賞は、主に世界平和、地球環境と保健衛生、心と体の健康の分野における公益活動を通じて、世界平和と安寧の為、人類の繁栄と健康の増進の為に顕著に貢献のあった方々を讃える学術文化功労賞であります。

朝川兼行の長年に渡るカウンセリング、ミネラルと酵素に関する研究、そして予防医学の啓蒙・教育活動が評価され、2008年にライナス・ポーリング賞を受賞いたしました。