相談事例2 バツイチ再婚希望 好きなことをみつけたい

相談者 Kさん

 

(相談内容)

私はバツ1子供1人、明日で54才になります。

好き嫌いではなく生活の為に医療事務の仕事の他に様々なバイトを最近までしてきました。

定年(60才)が見える年になりその後の生活の不安を強く感じています。

好きな事を仕事にしていけたらいいなと思いますが、

その「好きな事」を見つけられないでいます。

何をしてどう生きるか?

ご助言お願い出来ますでしょうか。

よろしくお願い致します。

 

 

<のん>

おはようございます。これからセッション開始します。

心の中で自分に必要なメッセージを受け取れるよう思ってください。

それからこちらでカードを引いていきます。

 

<Kさん>

おはようございます。

よろしくお願いします。

😆

 

 

<のん>

カードの説明をいたします。左から「夢」あなたの夢は何ですか?という意味です。

仕事に関する相談ですが、どうしたいと思っていますか?

 

<Kさん>

生活しなければならないので、60を過ぎても出来る仕事を見つけたいと思っています。

あと、本当に私に合う仕事って何なんだろう?って考えています。

 

 

<のん>

おそらく今までライスワークという生活のため自分が嫌いなことをし続ける生き方をされてきているようです。生活のこと、お金のこと抜きで本当に何が

したいのかしたかったのか 振り返ってみましょう。

お金になる仕事ではなく「やりたい」ことを今見つめる時です。

 

 

<Kさん>

 

お金を考えないでやりたいこと、、、

そう考えると見えてくることがあります。

 

 

<のん>

見えてくることとは何でしょう?書いてみてください。

 

 

<Kさん>

2つあるんです。

1つは本当に本当に困っている方たちに何か出来たらという事。

もう1つはこの年でお恥ずかしい話しですが、ことごとく失敗してきましたが、

大好きな人とおばあさんとおじいさんになっても一緒に手をつないでいたい。

これは、ずっと昔から思っていたことなんです。

 

 

<のん>

母親との関係がうまくいってなかったのではないでしょうか?

自分の母親は生きていますか?

 

 

<Kさん>

 

はい。

依存が強くとっても困った手を焼く母です。

私の考え方を変えるしかないと思って日々努力しているのですが、正直私のお荷物です。

 

 

<のん>

母親との関係がよくないと人間関係のすべてがうまくいかないので

おそらく男女関係もうまくいかなかったと思います。

その母親を選んでこの人生を選んできていますので、

お母さんをゆるさないことには夢に近づいていけません。

お母さんのどんなところが許せないですか?

 

 

<Kさん>

私の父は9年前に亡くなりましたが、私が生まれた時から手足が不自由でした。

ですから私は子供の頃から親や妹を助けなければと子供心に思ってきました。

母は父に頼りきりでした。そして父が亡くなってからは私にです。

 

母の病院通いは私の子供の頃からです。

行ってないか科はないくらいです。

アチコチ体の不調を訴えてきます。

 

しかし、どこに行っても大きな命に関わる病気と診断されたことはありません。

いくら説明しても何度しても、そんなに悪くはないとわかってくれません。

依存性格と、人に対する本当の思いやりや感謝がないところが嫌いなんです。

ケアマネや病院などから連絡がきてしまうので仕方なくみてるって感じです。

うまく説明できないのですが、生き方が嫌いなのかな、、、

 

 

<のん>

よくわかりました。

もともとKさんは子供心の無邪気な方なのに子供のころから親のような役割をしないといけなかったので、

その子供心インナーチャイルドが癒されていないのです。

子供の時にしたかったことや好きなことはありましたか?

それはカードの真ん中の意味は「正義」という意味です。

まさに困っている人。助けを求めている人を助ける仕事をするといいです。という意味です。

医療福祉系の仕事が芯から嫌いでなければその路線でもいいとは思います。

最後の右のカードの意味は「天使に相談する」という意味です。

まさに今相談されていますが、一人で悩まずに聖なる導きを求めましょうという意味です。

 

 

<Kさん>

わたし、リカちゃん人形が大好きだったんです。特にドレスのリカちゃんが。

わたし、ウエディングドレスがとっても好きでして。

一度着てますが、大好きな人っていうのが欠けていたから不満足だったんでしょうね。

今でも着たいです。

だから、のんちゃんのドレス姿がとても羨ましかったんですよ。

子供の頃は本を読んだり絵を書いたりして1人で静かにしてることが多かったです。

なりたい職業とかは特になかったんです。

調剤薬局で医療事務を20年近くやっています。

仕事は嫌いじゃないです。

ただ、ここ数年でいろいろな医療の嘘に気付いてしまったので、

何となく罪な気持ちもあるんです。

ただ、皆さん病院や薬が大好きなので、母を含めて行って安心な人にはとても必要だし、

行ってればいいのよねとも思っています。

 

 

<のん>

時間になるので最後のメッセージをお届けします。

おそらくKさんは「選択」が自分のハートでなく、

頭でこっちの方が条件がいいとかで選んできたようなイメージです。

縁があって母親父親の関係で医療系の場所にいかれたり、

医療事務をされたのであればそれも縁とお導きかもしれません。

今後の生活に不安をお持ちなのかもしれませんが、これからは自分のハートで選び、

決めると今日決意してください。それだけでもいいです。

 

またこういったケースはご先祖からのテーマもあるので、

お墓まいりや先祖があったから自分が今生きているとお礼と感謝をしてみてください。

離婚など繰り返したり、家庭不和が絶えないところは先祖供養がなされていない場合が多いです。

どうぞできることからはじめてみてください。お

誕生日おめでとうございます!ではセッションありがとうございました。

 

<Kさん>

 

高齢の方は口々に脚が痺れる、痛いと言われます。

薬飲んでよくなった人を見たことがありません。

平野先生の動画は本当に助かっています。母はそれでだいぶ楽だと言っています。

ありがとうございます。

 

 

<のん>

自分が気づいたことを人に教えていくだけでも道は開けます。動画視聴ありがとうございます。

 

 

<Kさん>

セッションが受けられてとっても素敵なバースデーになりました。

ありがとうございましたm(_ _)m