doTERRAアロマタッチテクニック

アロマタッチについて説明いたします。

アロマタッチは8種類のオイルを使ったテクニックですが、一般的なアロママッサージとは別な目的で開発されたものです。
ほとんどの人々が体内環境と体外環境の両方において、心身の健康状態に悪影響を及ぼす要因にさらされています。
これらのマイナス要因は体の健康と安定を保とうとする機能(ホメオスタシス)のバランスを崩します。
人間はストレスを受けると、免疫力が低下し、炎症を起こす、そして不安定な自律神経となり、それがストレスを生むとその環から抜け出すことが出来なくなるのです。
恒常性機能のホメオスタシスなしで健康な体を維持することは不可能です。
ホメオスタシスは身体と感情をつなぐ役割をしています。
アロマタッチは身体を全身で見ていきます。エッセンシャルオイルがホメオスタシスを確立してくれるのです。


アロマタッチテクニックはホメオスタシスを回復させ、マイナス要因からの影響を最小限に抑えることができるのです。

<アロマタッチに使うオイル>

ストレスマネージメント バランス(アースリズム)、ラベンダー

免疫サポート      メラルーカ(ティーツリー)、オンガー

炎症反応        アロマタッチ、ディープブルー

ホメオスタシス     ワイルドオレンジ、ペパーミント

 

<ストレスマネージメント>
1.ラベンダー 身体の組織をリラックスさせ、ストレスを和らげる。気分を落ち着かせ、情緒を調整し、不安を軽減する。皮膚炎症を落ち着かせる。
2.バランス(アースリズム) 落ち着いた気分や身体システムのバランス感覚を作りだすことにより、中枢神経系を落ち着かせ、幸福な気持ちを作り出す。

<免疫サポート>
3.メラルーカ(テイーツリー) 殺菌性と洗浄効果で炎症を和らげ免疫系をサポートし、身体の自然治癒力を助けます。
4.オンガード 病原菌の侵入に対する身体の免疫反応をサポートする。

<炎症反応>
5.アロマタッチ 組織の炎症を和らげ、血液の循環を高めることにより、不快な症状を緩和する。傷ついた組織を癒す。
6.デープブルー 関節の痛みや身体の不快感をひんやりと和らげる。鎮痛効果。

<ホメオスタシス(恒常性維持機能)自然治癒力 正常に戻ろうとする機能のこと>
7.ワイルドオレンジ 気分を高め、ストレスが原因で起こる不安をコントロールする。
8.ペパーミント 体内の不快感を調整し和らげる。精神と筋肉の両方の緊張を緩める。熱、頭痛、消化促進などに使える。



これらを脊髄に落として背中全体に染み込ませます。
足裏にはオレンジとペパーミントを塗り、ホメオスタシスを整えます。
ドテラのエッセンシャルオイルを贅沢に使って行うドテラ社自慢の手法なのです。

 

問い合わせ 090-9799-6828 上村